« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

優しい時間 ~癒しの時~

久々に何も予定のない休日。2月21日。

お友達の鈴蘭ちゃん宅へお邪魔することにしました。

最近、猫ちゃんを飼い始めたということで、その様子伺いもあって、一年ぶりくらいに~

お家カフェのような鈴蘭邸はセンスよく、お花も綺麗に咲いていて、お家もほとんど生活感のないおしゃれなお部屋です。

そのお部屋に飾ってほしく、お土産に我が家の咲き始めたミモザを少し持っていきました~

飾ってくれるかな?

まずお邪魔して、、、、ソファにまるい塊が。。。。

と思ったら、新顔の猫のまるちゃん。

ドーナツのように丸くなってお休みしていました。

かわい~

顔を隠して爆睡です。

このねこちゃん。

どうやら野良ちゃんで、家の前ですりすりよってきて、いつの間にか飼うことになったそうです。

Dscn5655

私たちがお話に夢中になっても全然起きてきません。

気持ち良さそうに。。。。sleepy

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

そして目が覚めたと思ったら、遊んでほしいのか、、、

こちらをじっと見ています。

いつものお遊びの、おもちゃのネズミとネコジャラシを、ぽんと投げてやると、一人で追っかけまわして遊んでいます。

ネコジャラシを振ってやると、お決まりのおっかけまくり。もう面白いのなんのって。

座ったまま、じっと頭を動かして、、、狙いを定めて飛び付きます。

しましまのとらねこちゃん。

足やしっぽ。。。可愛すぎる。

Dscn5688

しばらく遊んで飽きてくると、今度は外へ出たがります。

玄関のドアの前で「にゃん」

行ってらっしゃい~

家の周りを偵察して、お散歩をすますと。。。。

今度はまた入れてくれ!!と言わんばかりにリビングの窓ガラスに顔を寄せ、、、入れてくれ~

窓の外から中をうかがう様子もまたかわい!!
Dscn5660

そんなこんなで、、、

初めてお目にかかったまるちゃんと遊んだり、見たりしながら時を過ごしました。

猫ちゃんの行動って、なんて興味深く、面白く、、、そしてかわいらしい。

野良ネコちゃんなだったのに、家の高い所や、爪とぎとぎはほとんどやらないいい子ちゃんなんですって。

いろいろディスプレイしてあるインテリア、小物も全部いたずらされずに飾っておけるそうです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

おやつを頂きました。

鈴蘭ちゃんお得意のスイーツ。

タピオカとサツマイモのホットココナツミルク。

和風なような洋風なような。。。

優しいお味。温まっておいしいよ。

Dscn5683

リビングの窓から見えるプライベートガーデン。

後ろのお家がすぐ建っているので、日があまり当たらないそうなのですが、それでも、これだけきれいにお手入れして、そしてガーデニングを楽しんでいます。

Dscn5686

猫好きの鈴蘭ちゃん。鉢の中にも子猫がにゃ~ん。


Dscn5687

花かんざしの花が小さくポツリポツリと咲き始めています。

Dscn5684

日が暮れる頃までお話をしながら楽しんで帰宅することができました。

かわいいネコのまるちゃん、センスのいいお庭とお部屋、そして美味しいスイーツ。

ゆったりまったりしながら、癒しの時を過ごしたのでした。

山を登ってはーはー息を切らしながら景色を楽しむのも好きだけど、こういった時間を過ごすのも大好きです。

後日、、、差し上げたミモザをしばらく飾った後に、リースを作ったとかで、写メを送ってきてくれました~

なんて可愛くできてるんだろ!!

Caifis28

Cafycjnrミモザも貰われて、こんなにしてもらって幸せだわ~

小鳥もちょこんと乗ってるネ。

Cafycjnr_2

帰りに公園を一周して帰りました。月がまるくて。。。

今日のまるちゃんと同じまる。(満月ではないようですが。。。。)

Dscn5642

空の色がうっすらピンクがかって。。。。

メルヘンな空でした。
Dscn5646

冬枯れした木の向こうにまるい月。
Dscn5649

帰りは五線譜の全音譜。

「ミ」の音かなあ~?
Dscn5651

いろんなものに癒されて、ほんわかした一日でした。鈴蘭ちゃんありがと~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

富士山七変化② ~ゼブラな山道と山中湖のダイヤモンド富士~



2月8日

越前岳の頂上でお腹を満たして、景色を堪能して、、、そろそろ下山です。

せっかくのいいお天気ですが、長い時間いるわけにも行かず。。。。

青空の越前岳とお別れ~

Dscn5581

さっきまで見えていた樹氷プラス富士山も、、、、

樹氷の姿はなくごく普通に、雪の中に立つ枯れ木。。。になってしまった。

束の間の白い木々。

それでも、遠くに見える景色は素晴らしく、駿河湾と空の青さに感動です。

Dscn5582


Ca1xwnu5_2


帰りはずっとお日様がついてきてくれました。

寒さは全くありません。

歩くのと、お日さまの力でぽかぽか。

ただ、竜ヶ岳の時に痛めた膝が少し痛み始め、進む足がどんどん遅くなってきました。

Dscn5586_2

消えてしまったと思っていた樹氷が、所々に残っていて、それを照らす太陽に、きらきら輝いて答えてくれています。
Dscn5587

雪原に映る影。ずっとずっと、その美しいゼブラ、、、

シマウマ模様が続きます。

時々お遊び。私の影~
Dscn5588

真っ白だった往路。

今は木々の立ち具合、枝ぶりで色んな模様を作ってくれました。

そんな中を歩くのはな~んか楽しい。
Dscn5589

太陽と木の幹とでかくれんぼ。
Dscn5591_3

固められた雪道は、石ころがごろごろしていないので結構歩きやすい。
Dscn5594

こんな白と黒の交互の景色がダ~イスキ!!
Dscn5595

木に育った苔に、、、雪。down

なかなか融けないで残ってる。
Dscn5597_2

おう。。。。

くっきり富士山。いい感じに見えてきた。
Dscn5600

往路で見えていた笠雲も、覆い尽くす雲も、、、

どっかヘ行っちゃったよ~
Dscn5601

富士山を見ながら、、、、

富士山に向かって降りてゆく。
Dscn5602_2

こんないい天気になったよ。
Dscn5604

長女はシートをソリ代わりにどんどん滑ってく。

きゃあきゃあいいながらあっという間に滑ってく。

下りの、、、、雪道は楽だ!!なんてね~

私もやってみたけれど、足がつって。。。。一回きりでおしまい。

若いころのように足が開けない~

でも、滑ってる時は、、、楽しいヨ。
Dscn5605

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

無事下山して、今回は御胎内温泉でのんびり浸かり。。。。

そこから、、、、

ちょうどこの時期、山中湖から見えるらしいダイヤモンド富士もついでに見てこよう!!

山中湖まで車を走らせました。

さすが、、、山中湖のダイヤモンド富士。湖岸にカメラを据えた方々がいっぱいです。

駐車場も満車。なかなか止めるところが見つからず、、、あたふたしながらも、ちょっと山に上がった所に車を止めて、観賞です。

何と、、、観光バスでやってきた団体さんもいるみたい。

すっごいな~

スワンの観光船の向こうは白い山がきれいに望めます。

Dscn5607


四時ちょっと前、まだまだ光が強くて、ただ眩しいばかり。


Dscn5613



富士山の頂上、、、太陽が近づいてきたよ。


Dscn5617

きゃ~

ダイヤモンド富士だ!!感動!!16時18分。

これから数分間の世界。
Dscn5619

ばっちり。

山頂からの太陽。ダイヤモンド富士だ!!

そしてその光が山中湖の湖面に輝きを流してくれています。
Caffkmkw



あっという間に、、、

Dscn5622

沈んじゃった。。。。。。。weep

山頂はきっと風が強いのか、、、、舞い上がった雪に太陽の光が照らしてるんですね。

Cayt2ggp

さようなら~

いつも素敵な景色をありがとう。

人が去った後には静かに眠りに入る富士山と山中湖の姿がそこにありました。

Dscn5626

今回は薄紅富士からダイヤモンド富士までいろんな姿を堪能した一日となりました。

いつもじっと。。。どっしりと座ってるのに、こうして様々な表情を見せてくれる。

何回来ても、いつも新しい富士山でした。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

富士山七変化① ~雪の越前岳から~

2月8日

父ちゃんと長女と。。。。

三人で今年初めての雪山へ出かけてきました。

雪山は昨年初めて出かけて、あまりの美しさに感動をいっぱい得て帰って来た記憶。

その印象が強くて是非今年もと思っていました。

雪山といっても初心者の私には難しい所は行けません。

比較的道がはっきりして、一本道。そしてやっぱり富士山が見える山がいい~ということで今回は越前岳を選びました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

日の出前に越前岳の駐車場を出発です。

まだ暗い中、いつものヘッドライトをつけて歩き始めます。雪は積もってはいますが、踏み固められてそれほど歩きにくいことはありません。

まだまだ、アイゼンはなくても大丈夫。

ヘッドライトの光が雪を照らすとそこがきらきら光ってとてもきれいです。

景色は何も見えないけれど、それを見るだけでも心が洗われる気がします。

真っ白な雪の中に時々動物の足跡が。。。。

まだ新しそうだ~

うさぎかな?

Dscn5508

歩くうちにどんどん明るくなってきます。

最初の展望地に着くころには明るくなっており、ここでアイゼンを装着です。同時にライトもしまいます。

ただ。。。。

目の前の富士山は雲の中。

富士山が不士山になっちゃってる。
Dscn5513

ホントだったら、日の出とともに紅富士が見えるはずなんだけど、、、、

太陽は出てこないかな~

それでも、、、歩いているうちに、、、富士山を隠していた雲が少しずつとれてきた。

そして西の方角はほんのり赤く色づいてる。
Dscn5514

おっ。。。

いいかんじ。頂上が見えればこっちのもんだ。

心なしか頂上が薄紅色に染まってる。
Dscn5518

後ろを振り返りながら登っていくと、少しずつ色も濃くなってきて。。。

紅富士。。。とは言えないけれど、明るい富士山がど~んと!

雲があるけれどそれがまた神秘的でいい感じです。
Dscn5520

父ちゃんもマイカメラで何度もシャッターを押しています。

父ちゃんカメラの方が赤く写ってるね。
Dscn5524

全体がピンク色に染まったよ。

薄紅富士だ!!

Dscn5525

ほ~んと。。。。

綺麗だなあ~

うっとり。

いつまでも見ていたい気持ちです。

Cake4rb5


Dscn5526


この赤く染まった富士山も、あっという間にまた白に帰ってしまいます。

あ~そろそろ薄紅富士山も終わりかな。。。。

名残惜しい~
Dscn5528

そして、、、

歩いているうちに、、、

頂上に雲が現れて。。。。

笠雲を作り始めたよ。

あらら、、、すっぽり頂上を覆ってしまった。

Dscn5530

笠雲何度か見たけれど、こんな感じの笠雲は初めてだあ~

クラゲのような。。。。きのこのような。。。。

ヒトデが貝を食べる時のような~

いろんなものにたとえられる。。。。それほど面白い風景だった。


Dscn5533

アップでとってみると雲の影が富士山に映ってる。

こうしてみるとぽっかり宝永火口がくっきりと見えてる。
Dscn5534

クラゲ笠雲、雪の富士山と宝永火口、そして雲海というより、、、、雲が池~
Dscn5535

やっぱり。。。

どこから。。。いつ見ても富士山はかっこいい!!
Dscn5537

頂上が近くなると。。。。

それまでなかった、霧氷が出てきた。

木の枝に細かい氷粒が。。。。
Dscn5542

そして。。。

八時半ごろ、、、、頂上に到着。

寒いけれど。。。景色は最高。

白い木々が綺麗!!

Dscn5545

あっという間に頂上は雲に覆われて、、、、何も見えなくなった。

富士山どこ行った?

残念。ここへきて白い世界か~
Dscn5546

何にも無。正面に見えるはずの富士山。。。。。ないっ。

でも、、、、いっか!!樹氷がきれいだものね~
Dscn5547


Dscn5548

恒例の長女の。。。。

登頂ジャンプ!!

Dscn5550

父ちゃんは樹氷を撮りまくり。
Dscn5553

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

向こう側の斜面で腹ごしらえ~

風の当らない斜面でうどん作り。

寒い中。

あったかいうどんはめちゃめちゃ幸せな気持ちになる。

以前雪の中でカップラーメン食べたけど、三分待ってる間に冷めてきて、

何だかゆるーいラーメンだったけど。。。。

おうどんは火をつけたまま、ゆでながら食べるので、いつでも温かい。

というか、あつくてふーふしながら食べるのがまた最高です。

三人で食べると、すぐなくなっちゃうので、何度もうどん玉を入れて。。。

お腹いっぱい。
Dscn5555

その間にも、風の様子で、お天気や明るさがどんどん変化していく。

お日様がうっすら見えたり。。。。down
Dscn5556

青空が見えて富士山が見えた!!と思ったら。

富士山の形そのままに雲が覆ってた~
Dscn5560

陽が出ると雪原に木の影が浮き出してくる~
Dscn5562

雲が消えた、、、、

青空に樹氷だあ~
Dscn5563

雪原もきらきら輝く~

写真には写ってないね~
Dscn5566

かと思えば、、、また雲がやってきて、、、

どんよりと暗くなってゆく。

海の中の白サンゴみたいだ~
Dscn5568

そして、また青空。

青空は貴重だからついついそこで写真をとってしまう。

Dscn5570

木々の隙間からさす光が暖かく、そしてやさしい。
Dscn5571

富士山にまた眼をやるともうすっぽり雲にかくれて、ニセ富士山!!down

雲に騙されそうだ!!
Dscn5577

雲がすっかり消えた。

南アルプスも見えた!!
Dscn5578

Cat82urw


駿河湾も~
Dscn5580

展望が開けた所で下山となります。

あ~この青空がもっと早くに見られたら~とも思ったけど。光のない世界の頂上は樹氷がとても美しく。光が現れた頂上はまた違ってきらめいて。。。。

両方を楽しむことができたので、満足していま~す。

そして下山のころには太陽の光が沢山当たってか。。。。

樹氷が融けてしまって。。。。ただの黒い木になっていました。

やっぱり朝早いに限るネ。

そして。。。富士山は登る間にいろんな姿を見せてくれて、、、、

ほんと約二時間の間に七変化。

やっぱ。。。。富士山好きだな~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

富士山七変化② ~ゼブラな山道と山中湖のダイヤモンド富士~に続きます。

下山と山中湖から見るダイヤモンド富士です。

今年三回目のダイヤモンド富士~

どこまで追っかけしてるんだ!って話ですよネ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

どっちが悪い?

先週の金曜日のことです。

我が家の薔薇の冬の剪定、誘引がのびのびになっていました。

金曜日の休日。一日中外に出て、お仕事です。

家には無論だれもおらず、次男だけが家に残ってお昼寝中。

静かな中、一鉢一鉢植え替えが終わり、、、

だんだん暗くなったし、そろそろおしまいにしよう!!

あっ。。。。もう少しやる所があった。なんて。。。

なかなか踏ん切りがつかず、作業を続けていました。

そんなとき。。。。次男が

「いってきま~す」

といいながらチャリンコにのってバイト先へ出かけました。

この時に私の不幸は始まっていたのです。

クリスマスローズが咲きj始めました。

Dscn5494

やっとこの季節がやってきました。

Dscn5498

Dscn5640

そろそろ暗くなり、寒くなったし。。。これくらいにしようか。。。

「あ~よく働いた!!」やりきった感で満足!!

これから家の仕事だ。洗濯物を入れて、ご飯を作って。。。

と、頭の中めぐらし、

手順を考えながら片付け始めていました。
Dscn5503

スノードロップ

Dscn5499

手袋、はさみ、ひも、スコップや土、肥料などを片付け。。。

さ~家に入ろう!!

と思って玄関のとってに手をやると。。。。。。。

プリムラジュリアン

Dscn5504

あ。。。。

開かない!!

鍵が、鍵がかかってる。。。。

ど、ど、どうしよう・・・~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

窓も開いてないし、どう考えても入ることができない!!

携帯も持っていないし、もちろんお金もない。

連絡のとりようがない。

いろいろ考えた挙句、、、ベランダから入ろう。

脚立を最大にして、かければ上がれるかも。

でも。。。鍵開いてるかなあ~洗濯物干した時、確か鍵、、、開けておいたような。。。閉めたような、、、

とりあえず、脚立脚立!

けれど・・・

重すぎる!!おまけにがたんがたんと静かな住宅地にすごい音が響き渡る。

こりゃ無理だ!!

上れても鍵が開いてなければ入ることができない。

諦めた。

こぼれダネのイオノプシディウムとアネモネの葉。

植木鉢に映る影が鮮やかで綺麗。

Dscn5493

地面に咲いたアネモネの花とイオノプシディウム

Dscn5490

次に考えたのは、、、長女の勤務先に行って恥を忍んで鍵を借りに行くということ。

でも、、、、

チャリンコや車はそこにあるのに、鍵がないので、行く手段は歩きだけ。

幸い、長女の職場は歩いて20分くらい。

大した距離ではない。

作業するために服装はみすぼらしく、髪もぼさぼさ。

ポケットの中には洗濯バサミと、針金一本。

役に立つものは何一つない。

そんな恰好で長女の職場に行くのはめちゃくちゃ恥ずかしい。

でも、、、寒くなるし、次男が帰る夜の十時ころまで外で待つなんて到底できそうにない。

ここは、我慢していくしかない。

時間にして6時すぎ。

まだ、、仕事の終わる時間ではないので、急いで長女の職場に向かって歩き始めた。

恥ずかしい恰好だったけど、辺りはもう暗くなっていたので、何とか人目を気にせずに歩くことができた。
Dscn5633

雨上がり。

太陽の光を受けてきらきらと輝く雫の玉々。

Dscn5634

職場に着くと、、、

あれれ。。。なんだか、いつもの雰囲気とちょっと違う。

駐車場に車が一台きりしかない。おかしいなあ~まだ終わる時間じゃないのに。

でもそこには長女のバイクが見えた。よかった。。。。まだ帰ってない!!

そして、、、勤務先の呼び出しのチャイムを鳴らした。

ピンポン!

。。。。。。。。。。?

誰も出ない。事務所は電気がついてるのに。。。

何度も何度も押してみた。でもだれも出ない!!

運が悪い!!今日に限って。。。だれもいないなんて。

さてさてどうしよう。

ここにいないのなら、長女は家に帰ってるのかも。

じゃ~長女のアパートに行ってみるか!!

ここから15分くらい。でも、、、なんだかいや~な予感がした。
Dscn5637

雨上がりに雫をまとう原種系のクリスマスローズ。

Dscn5638

長女のアパートに着く。

いるかな。。。?いないと困るよ。

あれれ。。。。ベランダの方を見ると部屋の電気がついていない。

疲れて寝てるのかもしれない。

(長女は時間さえあればよく寝ています)

ここでも、、、チャイムを鳴らしてみる。

ピンポン!

。。。。。。。?

出ない!!

いなかった。

何ということ!!家のかぎが手に入らない。

いや~な予感は当たっていた。


Dscn5639



最後の手段は。。。。

次男のバイト先へ行って、鍵をもらいに行くこと。

それだけはしたくなかった。

バイト先は、、、、某○○リの家具屋さん。

ショッピングモールの中。

こんなひどい恰好であそこに行くには抵抗があり過ぎ。

でも、、、もうそれしか家に入る手立てはない。

歩いて、、、15分ほどの距離。

歩いている時はまだいいのですが、ショッピングモールに足を踏み入れた時。。

恥ずかしさでいっぱい。こんなひどいかっこで歩いてるのは他にいないし。。。

何か怪しいよね。かばんも持ってないのだから。。。。

ただ。。。

幸いな事にこの時間のモールの中は金曜日のせいか、人が少なかった。

数人の人にしか合わずに目的の場所へ行くことができた。

次男のいるはずのコーナーへ足を運んだが見つからない。

他の店員さんに聞くのもできれば避けたい。

(こんなみすぼらしい姿の母がいると思われたら次男もかわいそうだし、私自身ももいやだ!)

店の中を歩き回って、、、、やっと見つけた。

次男が売り場で作業をしていた。

座って作業をしている彼に。。。。

私は。。。。

「すみません」

「はい?」(お客さんだと思ったようだ)

「鍵はどこでしょう?」

と後ろから尋ねた。

振り返った次男は。。。

私の顔を見て驚いた顔を見せた。

そのあとの不思議そうな顔????

私:「鍵。。。。。かけないでよね」

そう言うと。。。。

次男は苦笑いをしながら鍵をとりに行ってくれた。

喉の渇いた私に鍵と小銭入れの財布を渡してくれて。。。

はらいせにその小銭入れから。。。。

アイスクリームと飲み物を買ってやった。

こうしてやっと家に入れたのでした。

さてさて、、、、

こんな目に合った私。悪いのは。。。。

鍵をかけた次男?

それとも、、、、

何も持たず、作業した私?

さてさて、、、、どっちだったのでしょうか?

| | コメント (22) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »