« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

蝋梅に初詣。。。。そして夕陽まで



1月25日。

いろいろ忙しく、なかなか都合も合わず。。。やっとこの日に初詣に行くことになりました。

毎年家族みんなで行くのですが、今年は父ちゃんと二人です。

子供たちもなかなか一緒に行動できなくなりました。

というより子供は子供の世界。

私もそうだったようにね~

寝ぼすけの私たち。

お昼ごろになってやっと動き始めます。

行先は毎年鶴岡八幡。

と。。。。

その前に父ちゃんにリクエスト。

近くに蝋梅の咲く公園があるのでそこに行きたいな~・・・・・

なんてつぶやいたところ、、、

鎌倉に行く前にちょっと寄り道してくれました。

先日降った雪がまだ少し残っています。

お目当ての蝋梅は。。。。

ちょっと遅かったようで、香りもほとんどなくなって、茶色に変色して枯れかかってる木がほとんどでした。

今年は暖かい日が続いたので、咲くのも早かったみたいです。

その中でもまだ頑張って咲いてる木を見つけ。。。黄色い元気をもらってきました。

ソシンロウバイとマンゲツロウバイと両方あります。

お天気がよかったので、青空に黄色い花がとても綺麗でした。

Dscn5389

花をアップで撮る父ちゃん。
Dscn5376

日陰になる所には白い雪が残っていています。
Dscn5396

heartソシンロウバイ

白い地に黄色い蝋梅は私にとって初め見る景色です。
Dscn5383

太陽に透かして見ると色が淡くなりそして蝋のような光沢がよくわかります。
Dscn5398

茶色い木から直接咲く黄色がかわいいです。
Dscn5384

中心が少し赤っぽいえんじ色。種類が違うのかな?
Dscn5388

heartマンゲツロウバイ

花全体がまるい感じでふわっとしていますね。

Dscn5390

蕾はころころまるまる。
Dscn5391

簪(かんざし)のような咲き姿です。
Dscn5393


Dscn5374

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そこから鎌倉、鶴岡八幡へ初詣。

いつもより2週間ほど遅かったせいか、出店も、出張のおみくじ、お札売り場もありません。

真っ直ぐ上がる階段も人数制限などしていません。

勿論、人はそれなりにですが、お正月三が日とはほど遠いものです。

うんうん。。。。このくらいの方がゆっくり、そしてのんびりお参り出来ます。

Dscn5406


Dscn5403

源氏池のそばに咲いていた梅の木。

こんなきれいに咲いていました。

八重の桜。。。じゃなくて八重の梅。。。。ですね。

Dscn5408

まるで、、、薔薇のようです。

Dscn5407


源氏池の小さな島に鵜?が休んでいました。

アオサギもいたし。。。。そしてカモは沢山泳いでいました。

源氏池は三つの島で産~繁栄を表し、平氏池は四つの島で死~滅亡を表しているそうです。


Dscn5412

源氏池と旗上弁財天社。
Dscn5416

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

お参りを済ますと劇混みの道路をやっとのことで抜け、江の島方面へ。。。。

江の島水族館の前の海岸で海からの夕陽を見ることに。

そこは海岸工事でシャベルカーががーがー動いていました。

ちょと見た感じ景観壊してる~。。。。と思ったけれど、、、

これが結構かっこよくて。

水の中でもキャタピラまわしながら、じゃぶじゃぶ進んでいく。

夕陽がそれと重なって光が踊ってる気がしてきます。

Dscn5432

モノクロで。。。。down

夕陽と海とシャベルカー。。。。。

みんなうまく共存してるって感じで。。。。。
Dscn5435

光の帯が真っ直ぐ伸びて。。。。

それでも、次から次へと折り重なる波に帯も成長したり消えていったり。

富士山もかすかに見えてる。
Dscn5439

頭の上に太陽を乗せてみた。

あっちっち!
Dscn5444

ダイヤモンド野花であります。
Dscn5448

そろそろ。。。。かな?
Dscn5450

波に映った光が。。。。

ザ~っという波の音と、さらさらという光る音とデュエットしてるように聞こえてくる。
Dscn5453

あんな遠いところにある太陽が私の目の前に続いてる。。。。ほんの一瞬。

波が引くとそれは消えてしまう。

なんだかちょっともどかしい。

波に映る光の帯もきれいだけど、濡れた砂浜に映る光りも、これまたきれい。

Dscn5460
だんだん暗くなってきた。

押し寄せる波。

その波の影がよく見えるようになってきたよ。

遠くの富士山もぼんやりだったのがシルエットとしてよく見えてきた。

Dscn5462

グラデーションの空が。。。

赤く染まりかけた雲が。。。

遠くで凛として立つ富士山が。。。

心に響きます。

竜ヶ岳のダイヤモンド富士思い出しました。

Dscn5468

沈んだ。。。。。

Dscn5475

富士山に目をやると、くっきりシルエット。

やっぱ。。。。こんな富士山も素敵だ。

雪がどれだけ積もってるかはわからないけれど。
Dscn5478

今まで逆光で様子がわからなかった富士山。

陽が沈んでかすかに見えてきたのは、雪の量。

いや~積もったね。

これでこそ冬の富士山だ。

真っ白な富士山(というかあまり色はよくわからない)に赤い雲、茜色の空。。。

いいんじゃない~
Dscn5483

帰りに長女の誕生日ケーキを買って帰りました。

盛りだくさんで、有意義な一日。。。。いやいや半日でした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

霙雪と融雪

1月18日。

大雪の朝。電車通勤、通学の方々は大変な思いでお仕事に向かったことと思います。

本当にお疲れ様でした。

私は電車とは縁がない通勤の道ですが、雪のあとの雨の中、、、

車や自転車で出かけることは出来ず、、、

冷たい雨の中いつものように歩いて出かけることとなりました。

靴にはがんがんの防水スプレー、滑り止めのゴムを装着、スパッツをジーンズの上から履いて。。。

大きな傘に、手袋。

ぬれた時のための着替えを用意して。。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

とその前に、我が家の雪の庭を少し写真に撮ったので、それを紹介します。

まだ花をつけている、つる薔薇のスピリットオブフリーダム。

積もった雪が融け始め。。。重そうです。

Dscn5314

スピリットオブフリーダムはまだまだ沢山咲いていて、

この時期は色も濃くなることが多く、ピンクがはっきりしています。

白い景色の中で、濃いピンクは映える色です。
Dscn5315


ブラチーナのシルバーグリーンの細かい葉に、透き通った融け始めの雪。

このコラボが何とも美しく。。。。。down


Dscn5317

壁際に咲く白いストックに、白い積もった雪。

存在感薄いけど、気付いてね。
Dscn5318

オールドブラッシュもまだ数輪花をつけているので、剪定しがたく。。。down

その花に雪が積もって、、、こんなに枝垂れています。

そして雨があたり、、、雫もしきりに落ちていきます。がんばれ!

Dscn5320

さ~あまり。。。

ゆっくりしていられません。

道路は、、、雪が半分融けかかっていて轍はべちゃべちゃ。

げげ~これが永遠に続くのォ~
Dscn5325

なんとか、、、雪をよけよけ、、、

水のない所を選び、、、、

時々立ち往生する車を横目で見て~(ごめんなさい。。。)歩き続けます。

森の中は通れないので、回り道。

森の出口までやってきた。

白と黒の二色の世界。

全くの冬色だな~
Dscn5328

森の枝にも雪氷。

モノクロの世界なんだけど、、、それでもよく見ると枝先は赤い芽が。。。。

春まで。。。。耐えて元気に育て!!
Dscn5334

いつの間にかすっかり落ちていた葉。。。

そんな木々に雪が微妙に積もり、、、、

冬全開。
Dscn5324

森と歩く道の境は。。。。

雪が融けてシャーベットになってる。

ここだけ見ると、まるで雪国の小川が凍ったみたいな感じだ。
Dscn5329

何気ない雪景色だけど、、、よく見ると、、、

綺麗なんだな~
Dscn5331

雪の足跡を追うように、、、進んでいきます。
Dscn5330

約一時間かかって職場に到着。

う~ん。。。結構大変だったな~

防水スプレーも、、、途中まではよかったけど、、、やっぱり、、、

靴の中はじゅくじゅくでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして翌日、1月19日。

おひさまぴかぴか。。。。いいお天気。

雪もみるみる融けていきます。

降った雪の上にまだ剪定しそびれた薔薇の花弁が。。。。

数枚落ちていた~

真っ白な中に。。。薄桃色の花びらが~

Dscn5338

花弁の落ちた所から。。。雪は融けていくんだ~
Dscn5339

薄桃色の花びら、白い雪。グレーな影。静寂。
Dscn5341

雪が融けてくると、咲いていた花もうれしそうです。

雪が降っても、花は強いです。たくましいです。
Dscn5343

ジギタリスの葉の上に残ったわずかな雪に、、、上からの融けた水が落ちたのかしら。。。

氷の薔薇の花?

自然が作った造形です。

薔薇の花に見えません?
Dscn5345

落ちた葉一枚。

雪の上。

光がさして。。。

平面の雪の平地が、表情ゆたかな雪景色になる。

葉の上には水玉が輝く~

Dscn5348

ウッドデッキの上。

桜貝のような。。。薔薇の花びら一枚。

そして格子模様の影。

陽があたると、静寂な中に、、、

しゅるしゅると融ける音が聞こえる。

な~んてね。

Dscn5350

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

ダイヤモンドを求めて② ~花の都公園から~

1月4日。

竜ヶ岳でダイヤモンド富士の山岳天体ショー?を鑑賞をして余韻を味わった後はひたすら下りの下山です。

背の高い笹の道の中を下っていきます。

青空に一本道。そして横眼で富士山。

朝には味わえなかった空気を吸いながらいい気分で歩いてるつもりでした。

Dscn1571_2

ところが、なんと。。。

右膝の痛みが出てきて、10分ほど下ったところで、痛みはさらにひどくなりました。

おまけに凍っていた土が融けていて、泥道に変化していました。

足がずぼずぼはまって思うように歩けません。

左足でかばうように、歩くしかありません。

そのため、周りの景色には目がいかず、必死で歩く状態でした。

せっかくの青空の景色の写真が。。。あまりないのはそのためです。

。゜゜(´□`。)°゜。。゜゜(´□`。)°゜。(p´□`q)゜o。。

所々で休みながら下山していきます。

可愛い氷を見つけた。

粒粒が可愛い。と写真をとってると。。。。

「これのどこが可愛いの?」と娘と父ちゃん。

やっぱり。。。。同じものを見ても感じ方って違うんだあ~

Dscn5219_2

なんとか、、、、東屋のある展望地に着きました。お日様が高くなると雲が少し出てきたようです。富士山の中腹がもやっています。down
Dscn1572

そこからは。。。。

痛いのを我慢し続けて、そして右足をかばって。。。。

歩くのはいつもの三分の一くらいの速さです。

心の中で、父ちゃんと長女に謝りながら。。。。

ひょこひょこ。。。。

歩き続けます。

本栖湖の見える場所まで来ました。ここで富士山とはサヨナラ。

前回は見えなかった南アルプス。
Dscn5222_2

本栖湖は山中湖や、河口湖と違ってあまり観光地化されていなくて、、、

上から見るととても神秘的。

湖の色も、、、深さ?風?日陰?の影響なのか、色が微妙に違っている。
Dscn5228_2

竜ヶ岳登山道からの富士山に別れを告げて。。。。
Dscn5233

なんとか。。。。

なんとか登山口まで着くことができました。down
Dscn5234



駐車場に続く道。

振り返るとそこには富士山が。

別れてからそこそこで。。。再会です。

やっぱ・・・・大きいなあ~
P1041516_2

下山したのはお昼ごろ。

時間はまだあります。

本当はもう一つくらい山に登れるかな~と言っていたのですが、私の膝のせいで、時間がかかったのと、これ以上は無理だということで。。。。

本栖湖巡り。

まず、、、、本栖湖の売店のある展望地へ。

登山バッチを入手するためです。

ここからは、富士山は見えません。後ろにそびえているのです。

よくわからないけれど、、、、

水が少なすぎない?

Dscn5238

そして、、、

手に入れた登山バッチ。もともとはなかったそうなのですが、求める方が多くて作ったそうです。

最近になって登山バッチを買うようになった私。

もっと質素でオーソドックスなのが登山バッチらしくて好きなのですが。。。。

ここのは色もはっきりしてるし、何かわかりやすくて憎めない。

竜ヶ岳の竜とダイヤモンド富士そのもの~特色が出ていますよ~

Dscn5311_3

やっぱ。。。。

本栖湖と富士山。。。一緒に見えるところに行きたいね。

ということで。。。。

千円札の絵の見える場所。。。その近くに行ってみよう!!ということで。。。。

車を走らせました。

道路沿いで、沢山の人が写真をとっていました。

たぶん、、、、富士山と本栖湖。湖に映る逆さ富士を撮ろうとカメラを構えている人たちです。

P1041519

ちょっと1000円札と並べてみました。

ただ。。。。本当の撮影地は中之倉峠というところから撮ったらしいです。

20分くらい登ったところです。

今回はここで。
P1041521

そこからまた少し車を走らすと、公営の無料駐車場があります。

そこからの富士山です。down

残念ながら、風が微妙にあるのか富士山の姿は映っていません。
P1041523

暖かいせいか、木の芽?が赤く膨らんでいます。

P1041527

逆さ富士はないけれど。。。

優しく波立つ湖面のラインがとってもきれいです。。
Dscn5243

湖の色も。。。透明から、水色、、、少し青。グラデーション。

やっぱり。。。山中湖や河口湖とは違うなあ~
Dscn5244

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

そして次は精進湖へ。

意外と小さく、そしてここも水が少なく感じました。

だから。。。通りすぎてしまいそうだったのですが。。。。

またまた父ちゃんお手柄。

「逆さ富士がうつってる!!」

「えっ。。。。どこどこ?」

車を止めて降りてみます。
Dscn1588

ここの湖面は風があたらないんだな~

精進湖の逆さ富士と豆粒の長女。down

Dscn5251

さてさて。。。

ここからどうしよう。

車の中で、いろいろ模索していたら、沈むダイヤモンド富士が、この時期見られるらしい~

iPadで調べてると、あと少しで山中湖、花の都公園周辺で見られる。

こりゃ~行かなくっちゃ。

急きょ、山中湖に向かって走ります。

陽の入りは3時過ぎ。あまり時間がない。

間にあうか。。。。。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

そして。。。花の都公園の駐車場から。。。。

そこには沢山のカメラマンが三脚を立てて待っていました。

さすがに、、、、気軽に行けるということで、竜ヶ岳より人が多いようにおもいます。

まだまだ眩しくて、なかなかそのイメージが捕らえられません。

P1041545

真ん中に、沈むかな~?

ご来光の時は明るさがポイントだったけど、

沈む時は、何だか明るすぎて、周りもまっちろ。。。どこら辺に沈むかよくわからない。
Dscn5266

あっ。。。。

でもいい感じの光が。。。。
P1041565

真ん中より少し右に寄ってるかな~?
P1041576

どんどん、、、、

落ちてゆく。
P1041578

なんか。。。。

さみしくなってくるね。
Dscn5293

光の部分が減少し。。。。
Dscn5299

ダイヤモンドも5カラットから。。。2カラット。。。。
Dscn5302


Dscn5304

そして。。。

0.5カラットへ。。。。
Dscn1603

沈んだ~

辺りも、、、何と無く言葉がなくしーんとしたかんじ。

日の出とは対照的だなあ~
Dscn1607


P1041579





なんだか。。。

一日のはじまりも、終わりも、、、、富士山で。

一日中追っかけまわしてたって感じですかネ。

色んな富士山、見る場所によってそれぞれいろんな顔を見せてくれて、長い一日がとても充実していた気がします。

私にとってはやはり、時間をかけて登り、いろんな景色を感じながら、やっと見ることができたダイヤモンド富士が一番かな~

今回の〆もやっぱり、河口湖近くのカフェプラドで、コーヒーとケーキを頂いて帰ってきました。





| | コメント (20) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

ダイヤモンドを求めて① ~竜ヶ岳から~

1月4日。

2016年、初山です。昨年の末、、〆の山は竜ヶ岳。

そして今年の登り始めも同じ竜ヶ岳です。

比較的楽で、登る時間も短い。

そして、、、この時期ならでは、、、、ダイヤモンド富士が見えるはず。。。。

父ちゃん、そして長女と三人での山歩きです。

本栖湖の駐車場には5時ごろ到着。

外はマイナス。でも、、、それでも今年は暖かい。

真暗な中、ヘッドランプをつけて歩き始めます。

前回、途中で見えた本栖湖の景色も、葉を落とした木々の様子も。。。。暗闇で見えません。

でも。。。。空には満天の星。

本栖湖の湖上を。。。竜ヶ岳の登山道の上を。。。きらきらの星が大集合。

空は賑やかなんだな~

最初の富士山の展望地。台地上のピークに着きました。

ここからは富士山とのご対面です~

見えるかな~????

真暗だったはずなのに、いつの間にか。。。。富士山のシルエットが浮き出し始めていました。

富士山の周りにも星。

ダイヤモンド富士ではないけれど、ダイヤモンド金星~

富士山から飛び出したみたいな、明けの明星~?

Dscn1503

明るくなってきた。

この先ずっと富士山が見え続けるので、少しずつ変化してくる様子がよくわかります。
P1031461



夜中色からおひさまいろに変るまでのグラデーションがきれい!!

富士山の上は金星。

そして、右上は月です。三日月だったけど、コンデジカメラでシャッタースピードが遅くてぶれてしまった。

Dscn5152

富士山の裾野の先、丹沢方面から明るくなってきます。down

Dscn5154

海側、駿河湾側も~
Dscn1509



そして両側が明るくなり始め。。。。

Dscn5157

辺りも明るくなってくる。

富士山の雪。。。。少ない!!11月に来た時よりも少ない!!
Dscn1512_2

明るくなり始めると。。。。

それから、周りの景色を見るのに忙しくなる。

三つ峠と西湖方面。down
Dscn5161

西湖が微妙に赤く染まってる。

どんどん歩いて行くと。。。。

八ヶ岳が見えた。

その頃にはもう。。。ヘッドランプをとって歩けるくらいになっていた。

ピンクに染まった八ヶ岳。いいなあ~

Dscn5162

もっと歩くと、、、

前回登った時は見えなかった、南アルプスの雪山が。。。  見えたあ~

ここも。。。

朝やけだ~

木々の隙間から~

薄桃色に~
Dscn1513

南アルプスからこちらに迫ってくる山々が。。。。すべて色が違ってて。。。。。

日本で二番目に高い山。。。北岳と三番目の間ノ岳。

そして左は農鳥岳。
Dscn5170_2

すごい!!富士山の影が映ってる。

Dscn1514

北岳,間ノ岳。雪をかぶると、ますますかっこいい。
Dscn1515

西湖方面は色がなくなってしまい、、、手前には富士山の影が大きく伸びている。
Dscn5172

西湖のピンク色は消えてしまったけど、近くの山はまだ。。。赤く染まってるね。

山がぼこぼこ連なってるので、染まっていても濃淡があって表情があるね。
Dscn1518

南アルプスが障害物なく見える場所に出た。

きれい~

そして富士山の影がくっきり、、、形通りに映っています。

素晴らしい景色だ。
Dscn1520

湖に映る逆さ富士もいいけど。。。。

山に映る逆さ富士は。。。スケールが違う!!

この場合逆さ富士ではないかな?

逆方向富士?

これぞ富士山の影武者!!?
P1031472

頂上に着いた。

ここからは。。。。ダイヤモンド富士に集中です。

どんどん明るくなってきます。

Dscn1521




ズームで。

頂上が白く、なってきた。



Dscn5182

富士山。。。。。

爆発?
P1031482

今にも噴煙が出そうな・・・・・
P1031492

でた!!

P1031493

誰も手の届かない、世界一のダイヤモンド~
Dscn5186

人生三度目の

ダイヤモンド富士との出会い。

Dscn5192


周りから。。。歓声が~

Dscn1534

う~まぶしくて。。。

肉眼で見ていられない~
Dscn1550

ありがとう!!

P1031501

約50人ほどのサポーターが応援していたよ~

P1031510

竜ヶ岳1485mの感動でした。
P1031507

長女も初めてのダイヤモンド富士にいつまでも見入っていました。

Dscn5204

富士山の駿河湾側には海上に雲海がよどんでいました。
Dscn1560

青空の南アルプスをバックにみんなで記念写真
Dscn1564

南アルプスの全景です。

白い山々は聖岳、、、赤石岳、塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳、鳳凰三山。。。等々。

Dscn1566


青空の農鳥岳、間ノ岳、北岳。


Dscn5211

青空の聖岳。。。。。。赤石岳。。。。
Dscn5212

青空の八ヶ岳。
Dscn5214

さ~下山だ!!

いい景色いっぱい見て。。。。満足の三人でした。

Dscn1570

ダイヤモンド富士と一言で書きましたが~それだけではなくて。。。

出る前の夜が明けはじめたその時間。暗色から色が生まれ始めるその瞬間が感動で。。。

歩くたびに足を止め見入ってしまいました。

おまけに周りのどこを見ても、素晴らしい山々の景色がそこにあり、

前回とはまた違う感動がそこにありました。

雪がなかったのがちょっと残念だったけれど。。。。。

さて。。。

次回は下山から今度は入りのダイヤモンド富士編です。

ダイヤモンドを求めて② ~花の都公園から~  ②続く。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

いろんなスカイツリー・2016

1月3日。

一人で浅草から東京スカイツリーのある押上までスカイツリー散策に行って来ました。

関東に住んでいながら、実はスカイツリーをまともに見たことがありません。2,3度走る車の中から見るくらいで。。。。それもあっという間に消えてしまう。私にとっては幻のスカイツリー。

今回はじっくりみてやろう!

そう思って出かけたのはいいのですが。。。。

しまった。今日という日をを忘れていた。

まだお正月三が日の最終日。そして日曜日。

浅草寺へは初詣の人人。。。。人。あっちゃ~

お参りするのはあきらめて、プラプラ歩くことにしました。

もちろんスカイツリーの上へなんて。。。めっそうもない。

待ち時間何時間だ~?無理無理。

またいつかの機会にしよう。。。。

そう思いながら出発進行!!

まず。。。。

浅草駅に到着。そしてそこに見えた初めてのスカイツリー。

道路は歩行者天国になっていました。

お決まりのDJポリスさんをはじめ、警備のおまわりさんもいっぱい。

Dscn5093

最初は浅草寺へも行くつもりで、歩いていたのですが、あまりの人に圧倒され途中で横にそれてサヨナラしてしまいました。

浅草寺からスカイツリー。down

歴史を感じる建造物と近代的なツリーのコラボは、まったく東京らしい。

共存の素晴らしさ~

Dscn5099

浅草ビューホテルの最上階からの景色を見たいと思って行ってみたら、やたら高額なお料理のレストランしかなくて。。。。断念。

ありゃ~場所代なのかしら。。。。

5000円~10000円とか、、、無理~

仕方なく隅田川の方へ向かった。

隅田川にかかる東武鉄道と。down

それにしても。。。

雲一つないいい天気だなあ~

Dscn5102

橋の欄干にとまるカモメと。
Dscn5103

そして隅田川クルーズの遊覧船。

もうすぐ出発です。この船から見るスカイツリーはどんなんだろうな?

後ろを見ると、、、、

乗船希望者がずら~~~~~っと列をなしてならんでいます。

お~ここもまた並んでるのか~
Dscn5104

黄金のビル。。アサヒビールタワーとのコラボ。down

かっこいい!!

これぞ東京。

アサヒビールタワーは黄金色で。。。もしかしてビールの琥珀色?
Dscn5105

隅田川を渡り、そのアサヒタワーのビルを通り過ぎようとしたときに。。。

黄金のスカイツリーが出現!!

ビル自体が金色なのですが、光の加減でよくわかりませんね。

しかし、映った黄金のスカイツリー。なんか立派に見えます。




Dscn5107_8



まだまだ川沿いを歩います。

勝海舟像とのコラボ。



Dscn5109_2

ここからスカイツリーのあるソラマチに向かって歩きます。

北十間川にそって。

だんだん、スカイツリーが近くなってきます。

そしてだんだん首が痛くなってきます。

指でスカイツリーの頂上にタッチ!!

Dscn5114_2

川沿いに植えられたビオラの花からのスカイツリー。
Dscn5115

てくてく歩いて。。。。

ちょうど半分の位置に来たよ。

左右対称のスカイツリーだ!
Dscn5116

北十間川に映るスカイツリーとビル。down

ゆらゆら揺れて、、、、お化けの世界にもスカイツリーがあるんだ!!ってかんじで。

それにしても。スカイツリーが網目模様でこれもなかなかいいじゃない?

Dscn5118

もっともっと歩くと、十間橋に到着。

ここからは逆さスカイツリーが見えます。

風のない穏やかな日だったので、、、

くっきりすっきり。
Dscn5121

頑張って全景を撮ろうとしたけれど、背が高すぎて全部入りませんでした。

斜め撮りは苦肉の策なのです。

広角レンズじゃないと無理なようです。
Dscn5124

そして川に映ったスカイツリーの一部です。
Dscn5123

ここからソラマチによって。。。そう思いながら引き返します。

恥ずかしがり屋のスカイツリー。

ちょっと、隠れていま~す。
Dscn5127

ソラマチは、ここもまた人だらけ。

なんかおいしいものでも食べよっかな~と思ってたけど、どこも並んで。。。

仕方ないから、結局マックでそそくさと食べて~
Dscn5129_2

電車に乗って帰りましたとさ。

帰りにおしなりくんが人力車に乗ってたのに出会った~

かわいかったな~

頭はスカイツリー型の烏帽子だヨ。
Dscn5130

おまけ。。。

浅草の写真も載せておきま~す。

人だらけだったので、上の方ばかりと撮ってしまいました。

Dscn5095


Dscn5097

初の。。。。

一人東京スカイツリー散策はこれでおしまい。

もっと人の少ない平日に行くべきだったけど、これはこれで面白かったです。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

初冬のふるさと

あけましておめでとうございます。

昨年は、忙しいのを口実に、ブログはなかなか更新できず、ブログ訪問もさせていただくにはするのですが、なかなかコメントを残せず。。。

今年はもう少しブログに時間を割きたいな~と思っています。さてさてどうなることやら。。。。

こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

昨年末、故郷の大分へ法事で帰ってきました。

飛行機で二時間足らず。

朝早く出たので、午後には家へ到着しました。

両親も、なんとか年齢を重ねながらも二人助け合って過ごしているのは、私にとっても安心ですが、時々不安になることもあります。

いつまでも元気でいてほしいと思うのは、誰でも願うことですね。

もう少し家が近ければ。。。帰るたびにそう思う気持ちが年々大きくなります。

さてさて、4月に帰省して以来8か月ぶりの実家です。

大好きな家の周辺の田んぼの風景と、我が家のちょっと荒れた庭。

変わってなくて、季節を感じる我が家でありました。

荒れた庭の花達、ちょっとだけ紹介します。

雨上がりの庭でしたが、それがまた、趣があって、ちょうど私の気持ちのような感じさえしました。

heartピンクの色がかわいい、母曰く乙女椿だとか。(12月21日撮影)

柔らかいピンクがいいですね。

Dscn5028

蕾はこんなに丸くて固~い。
Dscn5029

heartこれも椿だそうですが、名前は不明です。八重の白い椿です。
Dscn5040

heart白い水仙です。

亡き祖母の家から分けてもらったという球根があちこちに飛び火して咲いています。祖母を思い出す花。

おばあちゃん、お花が大好きだったから、今でもこうしていろんな場所で私たちを楽しませてくれてるんだなあ~
Dscn5033

雨の雫が今にも落ちそうで。。。。

この瞬間が好きです。
Dscn5036

heart黄色い水仙。

これもおばあちゃん家から来たんだね。

Dscn5060



heart千両かな?

昨年も山で赤い実をたくさん見ましたが、実家の庭も同じように赤く実っていました。

Dscn5031

この実は何だ?

ちょっとわかりませんが~

これから赤くなるのかしら?
Dscn5051

heart皇帝ダリアです。

母が昨年、3種類の皇帝ダリアを植えたそうです。

一重のピンクのは、咲き終わったそうです。

これは八重のピンクの皇帝ダリア。一輪だけ残っていました。

残念ながら雨上がりの空には映えません~

Dscn5044

ひまわりのようですが、これも皇帝ダリアです。

黄色は珍しいですよね。高いところで上を向いて咲いてるので、どんな様子かはちょっとわかりません。
Dscn5050

heart地面を這って、広がって咲くのは?ガザニアみたいな花だけど。。。なんだっけ?
Dscn5048

そして実家の裏の風景です。

田んぼの中に小さな農道。そこを散歩するのが気持ちいい。田んぼの向こうには霊山の山。

雨上がりで雲が漂っています。
Dscn5055

山の微妙な形をまねっこしたみたいな。。。。

雲がそこにありました。
Dscn5057

稲を刈り取った後の切り株が並ぶ様子。。。

何を想像します?

私はヨーイドンのトラック。

かけっこ大好きだった小学生の頃を思い出すね。
Dscn5056

遠くの神社の方で銀杏が見えた。

半分散ってる。もう冬なんだな~

半分散って、半分枝の様子が見えるのも、なんかいい感じです。
Dscn5058

家の前の電線に止まって鳴いてた小鳥。

渡り鳥かしら~?

かわいい!!
Dscn5046

4泊5日の滞在はあっという間に過ぎてしまいました。

帰るときはいつも、、、泣きそうになる。。。。

また来るね~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

帰りの飛行機の中からはるか向こうに富士山が見えました。

この写真で分かるかな~?

雲海の向こうに顔を出す富士山。
Dscn5066

思い切り。。。ズームで。

これで分かるよね。山からの富士山は昨年いっぱいみたけれど、

飛行機から見る富士山は何年ぶりかなあ~

何処から見ても富士山はイイ!!
Dscn5067

家に帰ると、、、

中はぐちゃぐちゃ。。。洗濯物はたまってる~あ~あ。。。。

帰っても大変だあ!!

ふと庭を見ると見たこともない薔薇が咲いていた。

何だこれは?
Dscn5079

このピンクに、まきまきの花。

あれ~~~

これって。。。クレアオースチンじゃん!!

ほんのちょっとクリーム色がかった白いイングリッシュローズ。

いつの間にこんな色に変身しちゃったのかしら~

あ。。。。。

枝替わりかしら~

ちょっと残念だけど、でもこの色はとってもお気に入り。

さて。。。

これから先、この薔薇はどんな色で咲くのかしら。。。

それはまた。。。。春へのお楽しみ。
Dscn5080

この時期、寒いので長く持ってくれそうです。

帰って、ちょっとうれしい一場面でした。
Dscn5078

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »